大切にしていきたい     日々のこと・・・


by naturelle_maki

プロフィールを見る
画像一覧


1男2女のハハ
年子の小学生と4歳児
日々奮闘中です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前の記事

2014年 08月
2013年 05月
2013年 01月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

その他のジャンル

画像一覧

Madame Noe Cuisine Lesson カンボジア料理

今日は、ちょっぴり寒い日  こんな日ですが、気持ちはウキウキ
Noe先生のcooking lessonの日♪
時間を間違って、早く着いてしまったのですが・・・・素敵な空間にうっとり
カンボジアの旅行のお話などを聞いて、空想旅人気分に
今回のレッスンは、そのときに受けられた現地でのお料理レッスンからだそう
それでも納得できないこともあったので、帰国してからもカンボジアレストランに行かれたとか
先生の探求心から生まれるレシピ レッスンを受けられるだけでもありがたいです。
f0101871_8124136.jpg

さてレッスンが始まりました!ポイントもおさえての説明なので、メモもきっちりと
このメモがなければ、お家での復習もね・・・・
次々と、あちらの調味料の名前が。エビペーストのカピ、魚醤のトゥック・トレイなど
でもこれらは、KALDIに売ってるのもすごーい。
ただこのKALDI市内にはないのが難点 ^^;
ココナッツミルクにも種類があるそう。ダイエット用のLightなんてものまで
それぞれを先生も使われてるので、おすすめなど教えてもらえました。
f0101871_149721.jpg

*パイナップルスムージー
ミキサーに具材をいれてガガガーーーッと混ぜればできあがり。
このほんのりとした甘さが、他のお料理と合うので驚きでした。
コアントローを入れてもあうそうなので、お家でつくってみたいです。 
f0101871_8182060.jpg

*辛い牛のたたきのサラダ
牛のたたきを特製ソースにつけて・・・それからサラダと混ぜて。
サラダに入ったフルーツとの相性が、バッチリで。絶賛の嵐
ちょっと辛いソースまで用意されてました。
これをかけていただくと、~カンボジアの風~がふきます。
f0101871_22323081.jpg

*魚のアモック
本来は、こういう形ででてくるそうです。
カレーのような香りが、作られているときにはしてましたが別物でした。
とっても美味しくって、このそば猪口サイズではもの足りないと思うぐらい(でもこれぐらいがベストだそう)
まろやかな味わい。すぐにでも復習したくなるお料理でした。
f0101871_22491928.jpg

*豚肉とタマゴのキャラメル煮
皮付きの豚バラ肉、これを圧力鍋で調理
スパイスなどを入れて、加圧→蒸らし・・・・・できあがりはきれいな色がついたお肉に
これを煮詰めると、さらにきれいなソースとともに。
豚の角煮と同じじゃない?というと、まったくの別もの
お醤油を日本ほど入れないこともあるのか、魚醤などのせいなのかな?
圧力鍋にポンポンと入れて作ればいいので、これも復習できそう ^^
f0101871_2314635.jpg

*ムラサキイモ白玉のココナッツ汁粉
白玉粉と紫芋と合わせてつくる白玉
大人の白玉をイメージされたそう。大人っぽい色合いになります。
ココナッツ汁粉の甘みが隠し味により、すっきりなものに
汁粉ときくと、日本のものだとあま~いイメージですが・・・こちらは違いました。
風邪がはやるこの時期にいただくには、ちょうど良さそうです。

以上の5品 とっても異国料理と思えないほど口に合うように作られていました。
東京にあるというカンボジアレストランにも行ってみたい気分になりました。

++point++
キャラメリゼのときは、鍋をゆすらない&かきまぜない。
皮付きの豚バラ  皮を上にして圧力鍋に入れる。
フライパンを煙りがでるほど熱くしてから、お肉をソテー
白身魚をお湯をかけて霜降りして臭みをとる
白玉をつくるときに、白い粒子が残らないように・・・ぱかっとわかれるぐらいのかたさが理想
白玉を沸騰したお湯に入れて、浮かんで1~2分&流水でしめる
[PR]
by naturelle_maki | 2009-02-24 18:12 | Daily